気になる鹿児島県情報



【行ってきました!】  鹿児島県 長島大陸
阪急交通社の村上彰一と申します。 今回1月23日~1月24日で鹿児島県 長島町に行ってきました。修学旅行の新しい素材を求め、当社社員数名とともにお伺いしました。   1月23日 長島町到着後、まず初めに漁協の前にある長島大陸市場食堂に立ち寄り、鰤王(ぶりおう)定食をいただきました。     見た目もよく、魚臭さもなくとても新鮮でボリューム満点で最高ででした。       鰤王とは長島町で養殖されている鰤のブランド名で、鹿児島の魚ブランドに認定されています。 長島町は養殖出荷量日本一で、海外へも出荷されています。    その後、長島町役場で長島観光会議が開かれ、長島町井上副町長はじめ現地の皆さんや天草市の皆さんが参加、当社からも大勢参加しました。     当社は、2016年11月1日に長島大陸支店を長島町役場内に開設しました。長島町の魅力を全国に発信しようという試みです!     長島大陸支店の活動状況をはじめ、当社の教育旅行の取り組みについてや、長島町の教育旅行の体験プランや民泊について意見交換をおこないました。   会議終了後、夕食の後、初体験のグラスボートに乗船して夜光虫の見学に出かけました。 約45分間の所要時間で、出港後すぐに観察することができました。写真には写らなくて大変残念ですが、真っ暗の中、流れ星が川の流れのように次々と流れているような感じで、とても美しく神秘的でした。     1月24日 翌日は、早朝より長島町の東町漁業協同組合で競り市の様子を見学しました。     大変活気ある市で水揚げされた新鮮な魚がテンポよく次々と競り落とされていく様子は爽快です。       その隣では、養殖出荷量日本一の鰤王が水揚げされています。         私たちはカラフルな長靴をはかしていただいて、漁協の方に案内してもらいました。     その後、昨日昼食をとった長島大陸市場食堂で朝食(サバのお造りが最高でした。)の後、教育旅行の素材を求め長島町を視察して回りました。 鰤王の加工場・雲仙天草国立公園が一望できる針尾公園、       ジャガイモの収穫体験ができる施設や、焼酎工場などを視察してまわりました。       長島町は、修学旅行の農業体験・漁業体験の素材があり大変興味深い地域です。ただし受け入れについては、小規模単位での実施例しかなく修学旅行のような学校単位での受け入れは現状難しいようです。特に民泊については、数名単位でのジャガイモ農家での民泊が実施されている程度です。 長島町は、井上副町長様はじめ修学旅行受け入れに関心を示していただいていますので、まずは、出水、天草など周辺での民泊を絡め、長島町での体験プランを模索しようと思います。  



楽天市場で【鹿児島県】に関連する商品を探す





気になった旅館・ホテル情報



【宿泊】\夏のお得プラン/神戸ポートピアホテル(プール利用券&朝食付き)
【宿泊】\夏のお得プラン/神戸ポートピアホテル(プール利用券&朝食付き)



楽天市場で【鹿児島県】に関連する商品を探す





気になる国内ツアー



【沖縄】豪華リゾートホテルで過ごす 沖縄大人の素敵な休日 4日間 
【沖縄】豪華リゾートホテルで過ごす 沖縄大人の素敵な休日 4日間 



楽天市場で【鹿児島県】に関連する商品を探す



海界の村を歩く 東シナ海・太平洋 与論島 (鹿児島県)



鹿児島県の最南端に位置する与論島。「よろんとう」は通称で正式には「よろんじま」という。鹿児島から南へ約590km、沖縄本島最北端の辺戸岬から北へ21kmに浮かぶ隆起サンゴ礁の島。サトウキビ、野菜、花き栽培、肉用牛飼育が営まれている。最高所は97m、中心集落に茶花を始め9つの集落がある。高度成長期後の昭和40年代後半から島を訪れる若者が増加し、現在でも年間8万人が 、島の美しい自然を満喫しているという。(「シマダス」参考)
かつては琉球の一部だった与論島だが、薩摩藩に属した後は鹿児島県となった。琉球として沖縄と同じ文化を形成しつつも、以降異なる発展を遂げたため、沖縄とは似ているところもあれば違うところもある。それが与論島の面白いところだと思う。例えば、赤瓦が無い、RC造民家が少ない、高床式倉庫が残るなど。・・・続きはこちら⇒海界の村を歩く 東シナ海・太平洋 与論島 (鹿児島県)


鹿児島県を探しているのだけど、自分の欲しい商品が無い・・・。
Amazonで無いときは、だいたい楽天の関連コーナーで見つかると思います。
そんなときは

      ↓↓↓
「おすすめ鹿児島県関連コーナー」

で探してみましょう。