気になる大分県情報



長崎/世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産」
外国船の修理を目的に、 トーマス・グラバーと薩摩藩士が計画して 1869(明治元)年に完成した長崎市小菅町の「小菅修船場」。 長崎市民にはソロバンドックと呼ばれ親しまれています。 煉瓦造りの小屋には、船を陸上へ移動させるための 蒸気機関の曳揚げ装置(英国製)が据え付けられています。 小屋は現存する日本最古の本格的な煉瓦造(蒟蒻煉瓦)の建物で、 曳揚げ装置も日本最古の蒸気機関を動力とするものであり、 世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産」の構成施設となりました。 私自身、小菅修船場跡は桜の季節やドライブ途中に度々訪れていましたが、 小屋内部は窓越しに覗くしかなく、機会があれば是非見てみたいと常々思っていました。 炭をくべて蒸気を発生させるボイラーと大小8枚の組み合わされた歯車、 シンプルな構造ですが最大1,000トンの船を曳揚げる能力があったそうです。 見たところボイラーの基礎に使われている煉瓦は薄い蒟蒻煉瓦ではありませんね。 明治34年頃にボイラーの載せ換えがあったからでしょうか・・・。 ところで、世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産」の長崎県内構成施設は、 「小菅修船場跡」、「旧グラバー住宅」、「高島炭坑」、「端島炭鉱」、 「三菱長崎造船所関連施設(第三船渠、旧木型場、 ジャイアント・カンチレバークレーン、占勝閣)」です。 多かれ少なかれ三菱と関係のある施設ばかりです。 (写真は桜の季節) 高島・端島炭鉱はお天気と相談しながら船で行く必要がありますし、 第三船渠、ジャイアント・カンチレバークレーンは造船所内なのでまず近づけません。 占勝閣は外観を眺めるだけで、内部は写真すら公開されていません。 世界遺産になっても身近に感じられない施設が多い気がします。 「憎いね!三菱ッ」って感じですよねぇ。   九州方面のツアーをお探しの方はこちらから 九州方面のホテル・旅館をお探しの方はこちらから ************************************************************************ 記者:ちび太郎 故郷「長崎」と転勤先のいろいろな情報を...。休日は運動不足解消と暇つぶしに、 あちこちさるき回っています! ウェブサイト:ちび太郎のさるく日記 http://tanago.dreamlog.jp/ ************************************************************************  



楽天市場で【大分県】に関連する商品を探す









気になる国内ツアー



≪新潟空港発着≫とっておき京都フリ-プラン3日間
≪新潟空港発着≫とっておき京都フリ-プラン3日間



楽天市場で【大分県】に関連する商品を探す



2016中心市街地探訪069・・大分県別府市



大分県の東海岸のほぼ中央に位置し、面積125.34㎢、人口は、大分市に次ぐ県下2番目の119,878人(2016.7.31)。この地は、鎌倉時代から室町時代にかけては大友氏、江戸時代には幕府直轄の天領として統治されていた。明治22年(1889年)の町村制により速見郡別府村が成立し、その4年後には町制を施行、大正13年(1924年)には人口3万6千人の別府市が誕生した。静かな湯治場として江戸時代の書物に記されていた別府温泉は、明治時代以降に温泉掘削が盛んとなり、現在では源泉数2,217と毎分83,058リットルの総湧出量は日本一を誇る。
静岡県からのアクセスは、東海道山陽新幹線で小倉まで行き、日豊本線直通の特急ソニックに乗り換え、小倉から別府まで約1時間10分。
中心市街地は、JR別府駅周辺から国道10号線付近までのエリア。
風情ある竹瓦温泉など気軽に温泉を楽しむことができる立ち寄り温泉が多く、良き昭和の風景とも言える別府タワーなど観光資源も豊富。また、DID人口においての1㎢当たりの人口密度は6,080人と、県下最大を誇る別府の中心市街地、特に中央通り周辺は、満遍なく商店や飲食店が軒を連ねていた。点と点を結んだ線の街ではなく、面を形成している街だった。

【JR別府駅】
日豊本線が乗り入れ、1日当たりの乗車人員は5,667人(2014年)。駅は高架駅で2階がホーム、1階には改札口に面して東西自由通路が東口と西口を結び、自由通路を挟んだ南北に、駅ナカ商業施設の「えきマチ1丁目」が入っている。別府駅西口は、タクシーと一般乗降用ロータリーがあり、その周辺にはビジネスホテルが点在していた。表玄関である東口の駅前広場には、路線バスとタクシー乗り場があり、その周りには、立ち寄り温泉や観光ホテルが並んでいる。その一角には、温泉マークを考案し、別府を温泉地として有名にした別府観光の父「油屋熊八」の銅像が立っている。

【えきマチ1丁目】
高架下1階部分に店舗を構え、店舗面積11,838㎡、土産物店や飲食店のほか、専門店などが入っている。

【駅前通り】
別府駅から東側に向かい緩やかな下り坂となっていて、飲食店のほかアミューズメント関係や金融機関の店舗などがある。

【駅前高等温泉】

【トキハ別府店】
店舗面積29,728㎡、地下1階から地上7階までを営業フロアとする百貨店で、1988年にオープンした。

【竹瓦温泉】
明治12年(1879年)に創設された歴史ある市営の共同浴場。松山の道後温泉を思い出す重厚感ある現在の建物は、昭和13年(1938年)に建てられたもので、2004年6月には国の有形文化財に登録された。

【やよい天狗通り】

【ソルパセオ銀座】

【楠銀天街】

【流川通り】

【ゆめタウン別府】
店舗面積21,000㎡、地上1階から3階までの営業フロアに約100店が集まり、1,600台収容の駐車場を擁する商業施設。

【別府タワー】
観光施設のタワーとしては、名古屋タワー、大阪の通天閣に次いでの全国3番目に建てられた高さ100mのテレビ塔。地元の財界人らが設立した別府観光開発が2億8,000万円を投じて、昭和32年(1957年)に完成し、2007年10月には国の有形文化財に登録された。・・・続きはこちら⇒2016中心市街地探訪069・・大分県別府市


分県登山ガイド 43 大分県の山
分県登山ガイド 43 大分県の山
価格:


[フランク三浦]MIURA ご当地三浦 大分県 「日本一のおんせん県モデル」 FM04NK-OITWH
[フランク三浦]MIURA ご当地三浦 大分県 「日本一のおんせん県モデル」 FM04NK-OITWH
価格:¥ 5,400


大分県東国東郡姫島村の黒曜石 no3
大分県東国東郡姫島村の黒曜石 no3
価格:¥ 650



大分県を探しているのだけど、自分の欲しい商品が無い・・・。
Amazonで無いときは、だいたい楽天の関連コーナーで見つかると思います。
そんなときは

      ↓↓↓
「おすすめ大分県関連コーナー」

で探してみましょう。